妻、東京エクストリームウォーク100に参加する②準備編

妻です。

①の続きです。

2019年6月1日~2日、東京エクストリームウォーク100というイベントに参加しました。

その記録で、今回は準備編。

【トレーニングどうする?】

参加費は15,000円。(厳密には15,772円)

参加するならもちろん完歩目指したい。

そのためにはやっぱりトレーニング!

なんですけども。

結論から言うと、トレーニングはあまりできませんでした。

仕事帰りに歩いたり、夫さんに付き合ってもらってのウォーキングはできましたが、長距離の練習はしてませんでした。

いちばん歩いた時も11キロくらい。

はい、この時点で100キロをなめてますよね、すみません。

フルマラソンの経験はあったものの、しっかり走れたわけではないので、あまり参考にはならず。

事前練習で山手線一周ウォークイベントなるものもありましたが、仕事で参加できずでそのままになり、トレーニングらしいトレーニングはできず。

なんと無謀な。

100キロ、本当に想像もつかない距離を、ほぼぶっつけ本番で迎えることになったわけです。

ただ、ネットで100キロウォークに参加した方のお話を読むと、

練習をしていたからといって完歩できるわけでもない。とか、

フルマラソンを何度も完走した人ですらリタイアすることもある。とか、

練習してなかったけど意外と歩けました。

という方がいたこともあって、運もあるのか?と淡い期待をしつつ、当日の体調をまずは万全にしようと思い禁酒を始めたのでした。

 

【靴、ウェアはどうする?】

これも悩みました。靴を慣らしておかないと、絶対歩けない!

慣らすためには早く買わないといけないのに、なかなかお店に買いに行けない。

結局買えたのは、5月9日でした。

御徒町のODBOXで購入。

スタッフさんに、100キロ歩くといったら、何足か出してきてくれたのですが、足に一番しっくり来たのが、アシックスのGEL-KAYANO®25。

100キロ歩くと足の状態がかなり変わるとのことで、柔軟性のあるタイプを選びました。

ほかのメーカーやシリーズも履いてみましたが、アシックスが足に合っている気がしたのです。

靴選びはほんとに大切なので、わかっている人に聞くのが一番!

かなりスタッフさんに質問し、少しでも楽に歩けるように靴下も選んでもらいました。

靴下はR×Lの5本指のもの。

長時間歩くと汗で靴の中が蒸れて、その蒸れが足の不調を引き起こすんだそうです。

それを防ぐために和紙の糸でできたタイプと、足が汗で冷えた時や夜寒くなった時用に、メリノウールタイプの2足をGET。

ウェアはもともと持っているものにしました。

下はタイツと膝までのハーフパンツタイプ。

上は、前日まで天気予報を見続けて、ウェアは半袖とアームカバーにしました。結果的にはこれも正解だったと思います。

 

【何をもっていく?】

ネットをみて(ネットには相当お世話になりました)装備を揃えました。

前日にそろえたのはこちら。

左からなんとな~く説明します。

①ザック:カリマーの25リットル。10年ほど前に購入したものです。
②ウエストポーチ:アディダスのもの。貴重品などを入れようと思って。
③キャップ:アシックスのランニング用。日よけシェード付き。
④サングラス:メーカー不明。直射日光とまぶしいのが苦手なので。
⑤予備ソックス:当日結局もう1足付け加え、2足持っていきました。
⑥ヘッドライト:LitomのLEDヘッドライト。(と電池)
⑦手ぬぐい:濡れても乾きやすいと聞いて。ほとんど首に巻きっぱなしでした。
⑧着替え:無印のTシャツとGAPの長袖シャツ。当日長袖はもっていきませんでした。
⑨ガム:口寂しい時用。
⑩アミノバイタル:アミノショット1、アミノショットパーフェクトエネルギー2、アミノバイタル粉末3、アミノバイタルGOLDゼリードリンク1。
⑪シリコンカップ
⑫S字フック:荷物をかけたりするかな~と。全く使わず。
⑬ジップロックタイプの袋
⑭マグネシウムスプレー
⑮塩分タブレット:全部はもっていきませんでした。15個くらい。
⑯鎮痛剤:イブ。最悪な状況になった時に使うかも?
⑰モンダミン:歯を磨きたくなるかもしれないから。
⑱ポンチョ型レインコート:天気予報は晴れでしたが念のため。
⑲ゴミ袋用ビニル
⑳サロンパス:20枚持っていきました。
㉑モバイルバッテリー:当日大きい方(24800mAh)に変更。
㉒イヤホン:さみしくなったら音楽聴く
㉓靴ずれケア用品:傷パワーパッドと靴ずれケアパッド
㉔モンベルのレインコート上:もっていきませんでした。
写っていないですが、リップクリームと日焼け止めも持参しました。

お財布に関しては、小さいビニル袋に
・スイカ(クレジット機能付き、1万円チャージ)
・現金(22000円)
・保険証
のみを入れていました。

持ち物はこんな感じです。

当日の朝天気予報を見て、減らしたものもありましたが、おおむね使いました。使っていないのはレインコートとS字フックくらいかな。

さぁ。準備もできた。あとは、歩き出すのみ!

To be continued…へ続く…

投稿者プロフィール

文世
文世
元添乗員の旅好きアラフォー主婦です。主に夫婦旅行でその力を発揮しています。プロフィール写真は大好きなイベントでの乾杯風景です。